周辺観光のご案内

民話・八ヶ岳

八ヶ岳は、昔むかし、日本一高い山で富士山よりも高かったのです。
 大昔、まだ、日本が大陸と陸続きで、見渡す限りの大平原でしたので、山々の中で際だって高く見えたのは、八ヶ岳と富士山でした。
 あるとき、この二つの山は背くらべの争いを始めました。富士山の女神と八ヶ岳の男神は、どちらも強気です。
  「私の方が高いわよ」
  「いや、俺の方が高いぞ」 とお互いに譲りませんでした。
 そうなると、いつになってもきりがないので、二つの山は、阿弥陀如来に仲裁を頼みました。阿弥陀如来は、頭を抱えて、何日も考えた末、「そうだ、水を使ってみよう。水は高いほうから低い方へ流れるものだ」と思いつきました。
 よく晴れた日、いよいよ背くらべをすることにしました。  阿弥陀如来は、長い、長い樋を八ヶ岳の頂上から富士山の頂上へかけて、 「よく見ておれよ、水がどちらへ流れて行くか。」と両方の山に声をかけると、樋の真ん中から水を流しました。水はどんどん、富士山の方へ流れていきました。
 勝負がつきました。八ヶ岳のほうが高かったのです。  八ヶ岳は得意になりましたが、富士山は残念でたまりません。  気の強い女神はくやしさのあまり、八ヶ岳の頭を太い棒で思い切り叩きました。
 すると八ヶ岳の頭の部分が、八つに割れて、それぞれが峰になりました。  その八つの峰が、権現岳・西岳・阿弥陀岳・峰の松目・編笠山・赤岳・横岳・硫黄岳となったといいます。
 折れた頭の部分は八ヶ岳の北側に落ちて霧ヶ峰や、蓼科山になったということです。
 このため八ヶ岳は悔しさと痛さで毎日を泣きあかし、その涙が滝のようにながれ出して、川俣川や鳩川になったと語られています。 この話には、もう一つの言い伝えがあります。
 それは、富士山より高い八ヶ岳が得意になって、頭から湯気を立てながら背伸びをしました。ぐんぐん伸びて、空の一番高い天竺まで、届いたとたん、勢い余って頭をぶっつけ、折れてしまいました。折れた内側から頭が八つも出てきたので悲しんでいると、鞍馬山の大天狗が深く同情して、小天狗に言いつけ、折れた頭を集めて南東の山腹に置きました。そこに社を建てて、いつくし守るため、やさしい姫をまつってやりました。
  これが「いつくし守」で初夏のころれんげつつじの花で有名な今の「美し森」だということです。 

 

宮司の滝の「まもの」

むかし、平沢の人たちの生活は苦しく、お客さんやお祝いごとがあっても、布団や皿・おぜんなどをそろえることができない家が多かった。
 いつのころからか、宮司の滝の手前の大岩の上で、滝に向かって借りたいものをお願いすると、次の日の朝には、その岩の上に品物がちゃんと置いてあるようになった。
 人々は、滝にはきっと「よいまもの」が住んでいて、人々の願いごとをかなえてくれるのだと思い、借りたものを大切にあつかっていた。  ある時、『おきよ』という人がお皿を借りたが、まちがってそのお皿をこわしてしまい、返すことができなくなってしまった。『おきよ』は大変困ったが、どうすることもできなかった。
 しばらくして、『おきよ』は、滝の上の道を考え込みながら歩いていたが、まちがってふみちがえ、淵から落ちて死んでしまった。
 人々はお皿を返さなかったので、滝に住む『まもの』が『おきよ』を滝に引きずり込んだ、と考えるようになったのだそうです。

 

民話・お房淵

 玄太山のうしろに「お房淵」とよばれる大門川の淵がある。むかしからこの淵では、たくさんの人が死んでいる。100年以上も前のこと、この淵で、『お房』という娘が死んでから、この淵を『お房淵』というと呼ぶようになった。
  この淵の主は、大きなクモだということで、この淵の近くにいくと、淵の主のクモに引きずり込まれるのだそうだ。
  むかし、長沢の人がこの淵の近くへ草刈りにいった。馬をつないで草を刈り始めた。ふと見ると、一匹の大きいクモが足元へ来て、自分の足へ糸をつけては、淵の方へ下がり、また、糸をつけていく。
  不思議に思って、そっとその糸をはずして、そばにあるツツジの木につけておいた。するとまもなく、そのツツジの木がメリメリと音を立てて、淵の中へ引かれていった。その時、先ほどからクモがつけていた細い糸は、いつのまにか太い綱になっていたということです。